天馬らぁめん 赤穂総本店(てんまらあめん)(赤穂市)

西播磨地区

播州赤穂塩らぁめん 大盛り 710円、天馬とんこつ 大盛り765円

天馬らぁめん 赤穂総本店(てんまらあめん)(赤穂市)

調査NO.234
評価 ★★☆☆☆
営業時間 11時00分~21時30分※R3.7.12~7.31まで8/1から通常営業
定休日 年中無休
駐車場 7台+10台
調査日 2021.7.20(火)昼
調査員 隊長、N調査員、T調査員
調査地 赤穂高校の北東1kmほど

外観

晴れていることもあるが、きれいな店舗がひときわ目立つ店舗である。

でも、人気を感じなくてちょっと入りにくい雰囲気がないでもない。

でも、入ったら、お客さんがいっぱいだった。

店内

外観よりも広く感じる。

天井は喫茶店のようなおしゃれな感じ。

カウンター6席

テーブル5つ

女子高生グループなども来店しているなど、人気店のようだ。

メニュー

塩らぁめんがメインかと思いきや、「人気NO.1」は天馬とんこつである。

うーん、悩む。

個人的には豚骨のほうが好みであるのだが、赤穂まで来て豚骨はないよなあ・・・

と思いつつ、調査隊5人の意見は分かれた。

鈍さ自慢のメニューもあった。

調査隊は当然パス。

他にランチメニューもあり。

着丼

播州赤穂塩らぁめん 大盛り 710円

ランチタイムは替え玉無料となっているのだが、最初から持ってくることもOKで、最初から大盛りでもOKとのことである。

ということで、隊員すべてが大盛りをチョイス。

さすがに、量は多い。

一見しても多いが、食べていても多い。

具は、刻んだようなチャーシュー少々に青ネギともやしが載っている。

麺は、ちぢれ系で少々固めである。

麺は素材の粉を感じるタイプ。

塩スープはなかなか美味い。

天馬とんこつ 大盛り 765円

塩と同じ値段と思いきや、なんと少々お高めであった。

メニューにもちゃんと書いているのだけど。

とんこつも塩と同様に結構量が多い。

ドロっとしているこってり系。

天一系という話である。

隊員の感想を総合すると、とんこつの方に軍配が上がっている気がした。

両方食べてみないと分からんのだけど。

サービス

紅しょうが、焼き海苔、ゴマ、ニンニクなどトッピングは多彩。

その他

第2駐車場は10台確保されている。

令和3年7月末までは時短営業しています。

残念。

天馬らぁめん(公式ホームページ)




Translate »
タイトルとURLをコピーしました