ホっポ屋 三木本店(三木市)

三木市

濃厚とんこつコテ麺 並(麺の固さ普通)700円+味付玉子120円+チャーハン小150円+替玉100円(全部税別)

「濃厚とんこつラーメン」の看板がひたすっら目立つ「ホっポ屋 三木本店」の調査報告である。

しかし、「ホっポ屋」とは分かりにくい、せめて、カタカナ統一で「ホッポ屋」にしていただきたい。

「ほっぽ屋」「ぽっぽ屋」「ポッポ屋」「ホッホ屋」はすべて違うのだ。

要注意である。

店内はそこそこ広く、テーブル4つと、カウンターが6席ほど。客の入りもまずまず。

いきなり、メニューが難しい。メニュー左上が王道だと思っていたが、メニュー最上段はこってり最上級メニューの「濃厚とんこつコテ麺」が陣取る。あっさりメニューは、「博多風とんこつラーメン」である。”風”というのが気になるが、”博多”と名付けて”メニュー最あっさり”の位置づけは挑戦的な意思を感じさせる。

なお、替玉は100円で、チャーハン小は150円である。税別とは言え、かなり安い部類である。

しかし、爽やかラーメン師匠は、悩むことなく「濃厚とんこつコテ麺 特上 背脂増し増し カラアゲ定食ハーフチャーハンセット」をチョイス。さすが師匠である。悩む瞬間すらない。男はこうありたいものである。

チャーハン未着であるが、爽やかラーメン師匠が「今、撮らないと箸をつける」というので、撮影した。チャーハンは写真に撮っていないが、なかなかの量である。

師匠に近づきたい私は、「濃厚とんこつコテ麺 並(麺の固さ普通)700円+味付玉子120円+チャーハン小150円」をチョイス。私にとっては、懐も重要なので、これで勘弁してください。

このラーメン、とんこつであるが、魚粉がポイントである。とんこつ自体はかなりの濃厚だと思うのだが、魚粉が効いている。あっさりした印象さえ受ける。そして、元のスープは、とんこつよりも塩っ気の方が強いイメージである。ネギ、もやしもしっかり入っている。麺は細麺でしっかり目。麺もうまいと思う。

ラーメンダイエットに励むために、小チャーハンにしたのだが、俺の内なる悪魔が俺にささやき替玉を注文。

替玉も結構、多い。しかし、個人的には、替玉のときの方が、スープが薄くなったからか、うまいと思った。

麺の固さも選べます。

ホっポ屋 本店(三木市)

調査NO.014
評価 ★★★★☆
検査地 三木市大村616−1(国道175号バイパス大村交差点東すぐ北側)
駐車場 20台ぐらい
営業時間 11時00分~3時00分
調査日 2018.9.21(金)昼 隊長、爽やかラーメン師匠、Y調査員

ホっポ屋
兵庫県三木市に本店を置いている、超こってり豚骨ラーメン店が「ホっポ屋」である。 兵庫県内に数店を展開中である。 こってりを食べたければ、「ホっポ屋」に行っておけば間違いはない。 ちなみに、「POPPOYA(ぽっぽや)」と呼...


Translate »
タイトルとURLをコピーしました