もっこす総本店 (神戸市中央区)

中央区

中華そば(正油) 800円


「もっこす」は、神戸を代表する店である。

神戸ラーメンと呼ばれている。

その本店がここ神戸花隈にある「もっこす総本店」である。

神戸を代表する店らしく(?)、24時間営業で客を待ち受ける。

※火曜3:00~5:00は店内清掃のため閉店

ちなみに、「もっこす」とは、熊本弁で頑固で男性的な熊本県特有の性格を意味する。

この店は、熊本ラーメンがベースになっているのかどうかは知らないが、少しは入ってるんだろうな。

外観

赤い外観が目立つ店舗であるが、夏は街路樹が青々と茂っているので、少しわかりにくくなる気がする。

店舗の2階以上は、住宅のようであるが、社員寮だろうか?

駐車場がないので、店の前に駐車している状態が続いているのだが、すぐ近くの市営大倉山駐車場の30分割引券をサービスしてもらえるので、そちらに止めましょう。

店内

大きな赤いテーブルが3つのみ。

各テーブルは8脚ほどが用意されている。

相席原則の店である。

ピークを外して入ったからか、客は少なめ。

しかし、ピークを待ち受ける準備は整っており、働き手は多かった。

客層は、オッサンがほとんどだがおばちゃんもいる。

また、1人客が多いことも特徴的だ。

おばちゃんも1人で来ていた。

ピークが来ると、どんどん客が入ってきた。

さすがは、神戸ラーメンの代表格である。

メニュー

「中華そば(正油、みそ)800円」、「チャーシューメン(正油、みそ)1,000円」、「つけ麺800円」が基本メニュー。

大盛りは100円増しである。

トッピングも可能。

持ち帰りにも力を入れていることが感じられる。

土日の持ち帰りは100円引きである。

また、ラーメン屋であるにも関わらず、なんと持ち帰りに生パスタ麺があるのだ。

しかも、タリアッテレとタリオリーニを選べるようだ。
※麺の太さの違いらしい。

麺については、こだわりが感じられる。

オーダー

基本技の「中華そば(正油)800円」で勝負!

神戸ラーメンをしっかりと味わうのだ。

サービス

基本的なものは常備されているが、これにプラスして、にら唐辛子、生にんにく、揚げにんにくなどが常備されている。


たくあんがあるところが、神戸ラーメンの特徴とも言える。

たくあんは大き目に切ってあり、味わいはとても甘くて、うまい。

ご飯を頼みたくなるパターンである。

ラーメンに入れてもいいのだろうが、ラーメンを待っている間に味わうのが神戸っ子の嗜みであろう。

着丼

中華そば(正油)  800円

早い。十分なスピードである。

どんぶりは、銀色のアルミのお盆に乗っかって出てくる。

これは他でも見られる形式であるが、神戸ラーメンと呼ばれる店はこのスタイルが基本である。

神戸ラーメンの基本である青ネギがたくさん乗っかっており、もやしも少々入っている。

これに薄切りのチャーシューが6枚ほど入っている。

この手のチャーシューは、薄いものが多いが、この店では、ふにゃとはしない程度の厚さを保っている。

素直に美味い。

スープの醤油には、しっかりと脂が入っている。

油断すると冷めてくる表面から薄く脂が固まっていってしまうほどである。

麺は、細麺ストレートでしっかり系である。

なかなか美味い。

量はそこそこ多めと感じる。

麺がしっかりしているからだろうか?

基本的には、こってり系であろう。

ネギが多いので、脂は多少薄く感じる気がする。

しかし、1杯800円は少し気になる値段である。

うまいのは事実だが、うーん、もう少し安くならんだろうか?

その他

店内禁煙である。

この手の店としては珍しいかもしれない。

あと10年もすれば、この世から喫煙店はなくなりそうだが。

24時間営業である。
朝ラーメンを楽しめる店である。

しかし、火曜日の早朝は清掃のため店を閉めるので要注意である。



もっこす総本店 (神戸市中央区)

調査NO.137
評価 ★★★☆☆
営業時間 24時間営業
定休日 火曜日の3:00~5:00のみ清掃のため閉店
駐車場 なし(市営大倉山駐車場の30分割引券サービス)
調査日 2019.9.4(水)昼
調査員 隊長
調査地 地下鉄大倉山駅から三宮方向にすぐ

神戸の中華そば もっこす(公式twitter)


Translate »
タイトルとURLをコピーしました