あわじや食堂 (明石市)

明石市

豚玉ラーメン 650円、親子丼ミニうどんセット 800円

外観


今日のターゲットは、昭和の飲み屋と食堂が融合したような店である「あわじ屋食堂」である。

すぐ隣に、あさぎり病院があり、そこの通院者や見舞いの客をターゲットとしているのだろうか。

駐車場は、店も前に2台だけである。

店内

店に入るとまさに昭和の趣である。

席はテーブル席が5つのみである。

しかし、よく見ると店の奥に奥座敷という感じでテーブルがある。

ちょっと他とは趣が異なるテーブルであるのだが、満席時用であり、そうでない場合は店主の休憩用であろうか。

客は大混雑というほどではないが、複数のグループが来店していた。

客の年齢層は高めである。

病院の横だからか、街の高齢化が進んでいるからだろうか、両方なのかもしれないが。

さらに、客のじいさん2人は、平日昼間から酒を飲んでる。

このあたりは、なかなかの平和な、いい街であることが分かる。

店内は、一品料理が並ぶ冷蔵ケースもある。

最近はこの手の店を見ることが少なくなったな。

私の周りにないだけだろうか。

これがあることが、定食屋の条件だと思うんだよね。

最近の小綺麗な定食屋チェーンは、レパートリーとして小皿があるんだけど、実際の商品を見て選べないんだよね。

たしかに温かいものが出てくることは間違いないんだけど、見て選ぶってことは楽しいし、間違いがないよね。

メニュー


メニューは、うどんとお好み焼きのレパートリーが特に豊富である。

「中華そば 550円を注文しようと思ったが、その下にはこれまで見たことがない「豚玉ラーメン 650円」なるものが存在しているではないか!

先に書いたが、お好み焼きのレパートリーが多い店である。

となると、豚玉ラーメンはお好み焼きの豚玉がラーメンに載っかっているのではないだろうか?


定食もいい感じに基本は抑えている。

オーダー

ということで、隊長とK検査員は、「豚玉ラーメン 650円」をチョイスした。

N調査員と初登場H調査員は、「親子丼ミニうどんセット 800円」をオーダーした。

サービス


定食屋の基本は抑えられている。

着丼


「豚玉ラーメン 650円」の着丼である。

やはり、というか残念ながら、私の期待は外れてしまった。

豚玉とは、豚肉炒め玉子とじのようである。

ん?


具をほぐすと、玉子は「玉子とじ」ではなく「目玉焼き」ということが判明したのだ!

なかなか珍しいパターンである。

他に載っている具は、もやし青ネギである。

しっかりした厚さの豚肉は、塩味でしっかりした歯ごたえで美味い。

この肉の旨みがスープに多大なるいい影響を与えているようだ。

スープは、基本しょうゆ味ではあるが、この肉の旨みが染みてしっかりした味付けになってる。

その肉の旨みがしっかり効いているので、醤油のキツさがない。

味噌っぽいまろやかな味というか、とにかく優しい味になっている。

また、もやしもかなりのシャキシャキである。

麺はしっかり目のちょい縮れ麺

焼きそばに使うやつって感じだ。

 

しかし、ラーメンが、熱いのだ。

ちなみに茶もなかなかの熱さである。

サービス満点である。


「親子丼ミニうどんセット 800円」

お盆に比べるとちょっと寂しげである。

あわじや食堂 (明石市)

調査NO.118
評価 ★★★☆☆
営業時間 分かりません
定休日 分かりません
駐車場 2台
調査日 2019.6.18(火)昼
調査員 隊長、K調査員、N調査員、H調査員
調査地 あさぎり病院の南側

公式ホームページなし


Translate »
タイトルとURLをコピーしました