博多らーめん六寶(むほう) 三田本店 (三田市)

三田市

平日限定日替わり定食 チャーシュー大根おろし丼+響とんこつらーめん(細麺硬さ普通) 918円、博多豚骨ラーメン(基本味、細麺硬さ普通) 648円

外観


今日のターゲットは、三田発祥のラーメンチェーンであり、ちょっとした大型店である「博多らーめん六寶 三田本店 」である。

「六寶」「むほう」と読む。

難しい漢字である。

駐車場は広い。

店構えも大きい。


入口横には、「六寶者(むほうもの)」と大きく書かれており、「無法者」に掛けているのだろうが、意味としては掛けていないようだ。


店舗入口横には、「六寶らーめんスープ工房」なるものがある。

とても、気になる。

店内

入口入って待合室あり。

なかなかの人気店なのだろう。

今日の昼に限っては、特に並ばずに着席可能であった。

店内は、真ん中に14席ぐらいの大テーブルがあり、厨房前のカウンターに10席。

さらに、テーブル席が3つ座敷テーブルが2つある。

木質系の内装が基本であり、テーブル席は大きな木製の分厚いテーブルである。

なかなか高そうなテーブルである。

オシャレに大きいBGMが流れている。

若い店員が多い。ユニホームはとんこつの基本である黒。

客は、作業着の着用率が高く。男のみであった。

メニュー


かなり種類が多い。


上記、メニューのトッピングと替え麺の拡大である。

トッピングと麺の硬さはかなりのバリエーションである。

麺は、細麺玉子麺を選択可能。

さらに、細麺は、柔わ目、普通、硬麺、バリ硬め、針金、粉落し6段階である。

玉子麺は、柔わ目、普通、硬麺3段階である。

さらに、替え麺替え飯も可能である。


定食メニューもしっかりチョイス可能。


平日限定で日替わり定食あり。

ご飯大盛り無料である。


毎日がイベントである。

まつりである。

オーダー

隊長は、「平日限定日替わり定食 チャーシュー大根おろし丼+響とんこつらーめん(細麺硬さ普通) 918円」をチョイス。

S調査員は、上記で「細麺硬麺」をチョイス。

O調査員は、「博多豚骨ラーメン(基本味、細麺硬さ普通) 648円」をチョイスした。

サービス


インスタグラムフォローでサービスあり。

メールはおろか、LINEすら時代遅れか?


高菜、紅しょうが以外にも髪留めまでサービスがある。

着丼


「平日限定日替わり定食 チャーシュー大根おろし丼+響とんこつらーめん(細麺硬さ普通) 918円」


まずは、響とんこつらーめん(細麺硬さ普通)のレポートである。

一見でこってりしてることが分かる。

背脂浮きまくりである。と思いきや、これは天かすかな?

しかし、天かす以前に、油断するとすぐにスープの脂が固化しようとする。

油断のならないスープである。

具は、キクラゲ切り身青ネギ脂が乗ったチャーシューが2枚ついてくる。

もやしも気づかないところだったが少量入っていた。

また、焦がしにんにだろうか、結構な量が浮いてる。

がっつりくるね。

あとで調べるとこの黒い液体は、マー油というものらしい。

焦がしたニンニクとごま油で作った調味油とのこと。

なかなかうまかった。

 

麺は、細麺ストレートで普通をチョイスしたが、ちょっと固めだと感じた。

個人的には、結構好きな味と麺のバランスである。

後半のスープは、底の方で粉を感じる。

魚粉だろうか?気のせいか?分からん。

 

そして、「チャーシュー大根おろし丼」である。

チャーシュー3枚青ネギ大根おろしが載っている。

脂が載ってるチャーシューご飯と言った感じ。

大盛りにしなくてよかった。

十分な量である。

大根おろしはあんまり効いてない感じがするね。

 

添え物のキムチは普通に辛かった。


「博多豚骨ラーメン(基本味、細麺硬さ普通) 648円」

O調査員によると、食べやすい博多ラーメンだったとのこと。

博多ラーメンは、基本こってりしているので、しんどくなるとのことだった。

それなのに、頼むか?というツッコミは入れないでおこう。

その他


駐車場はいっぱいあるようです。

博多らーめん六寶(むほう) 三田本店 (三田市)

調査NO.114
評価 ★★★★☆
営業時間 11:00~25:00
定休日 なし
駐車場 店の前に15台+多々あり
調査日 2019.6.5(水)昼
調査員 隊長、S調査員、O調査員
調査地 国道176号沿い、神鉄三田本町駅南すぐ

六寶(公式ホームページ)2021.1.24リンク切れしています。


Translate »
タイトルとURLをコピーしました