天下一品 三田店(三田市)

三田市

チャーハン定食(こってり、レギュラー麺、麺固さ普通、ネギ多め、メンマ多め)800円、チャーハン定食(屋台の味、レギュラー麺、麺かため、ネギ多め、メンマ多め)

天下一品は熱烈ファンが多いこってりラーメンの代表格とも言えるラーメンである。
かつては、こってりといえば「天一(てんいち)」の代名詞だったのだが、近年はラーメン文化の発展とともに、多種多様なこってりラーメンが生み出されたため、天下一品のこってりラーメンの影は相対的に薄くなったと感じる。
また、天下一品は、「旨いけど高い」という印象が強かったのだが、これまた近年、ラーメン価格の上昇により、相対的に安くなったような気がする。
しかし、なんと言っても「天下一品」は熱烈ファンが多いだけあり、安定した味わいである。
個人的に、天一といえば、健康診断の後のラーメンと決めている。
朝飯を抜いて、健康診断を受けた後の空っぽの胃に、ガツンと入れるこってりスープ。
そう、ラーメン調査隊としては、健康食品として天下一品のラーメンを認定しているのである。
しかし、今回の調査地は、初めて訪れる天下一品 三田店である。
中古車屋(?)のF CLASSというお店と一緒の敷地であり、F CLASSによって経営されている模様である。
建物入口は、国道と逆側である。
車で来る客しか想定していないようである。
三田市は車社会が浸透しているようである。
そのためか、駐車場は21台とのことで、十分のキャパシティである。
店舗入口に番犬のように佇んでいる牛
横に灰皿が置いているが、これってベンチなのか?
マクドのような子供用すべり台を完備
かつ、滑り台を見張るゴリラが客席の上に座っている。
このシュチュエーションは、ラーメン屋としてなかなかのセンスであろう。
店内のj天井付近では、チンパンジー(猿?)が遊んでいる。
ラーメンを取られまいかと心配しなくていい。
たぶん、奴らは防犯用である。
店内は、カウンターに13席テーブル席が10個となかなか広い店である。
天一に来たら、「こってり」しか選択肢はない。
確かに、天一には「あっさり」ラーメンがあるにはある。
しかし、これは、「こってり」を食べたい人に連れられてきた人が、しょうがなく「こってり」以外のラーメンを注文するために生まれたメニューであろう。
隊長は未だもって食べたことはない。
しかし、私の周りで「天一の『あっさり』はうまい!天一の『あっさり』を食べるためにわざわざ天一に行く!」と豪語していた人がいるので、その事実だけはここに残しておく。
しかし、この「こってり」なのだが、私はこれまで「とんこつ」だと思いこんでいたものだが、「鶏ガラ」をじっくり煮込んだとのメニューの記載である。
知らなかった。
人生まだまだ知らないことだらけである。
ちなみに、「あっさり」も鶏ガラって書いている。
「屋台の味」というのは、昔はなかったが、どんなのだろうね。
こってりとあっさりの中間とのことだから、中華そば系統じゃないようである。
気になるところは、「味がさね」であろう。
「こってり」をベースに「あっさり」を重ねているようだ。
「屋台の味」との違いがいまいち伝わらない。
そして、かなり惹かれたのが「三田スペシャル」である。
どんぶりを2つ合体させたような形状で、両方の味を同時に楽しめる。
スープを呑みにくかろうなと思うが、ドロドロなのでそこまで大変じゃないかもしれない。
天一だからこそできた代物か。
そして、ランチメニューも充実である。
麺の太さ、固さ、ネギとメンマの量などをカスタマイズ可能である。
昨日、隊長は、王将のこってりラーメンで締めたので、胃が大きくなっている。
今日は、チャーハン定食で挑むことにした。
隊長のオーダー
チャーハン定食(こってり、レギュラー麺、麺固さ普通、ネギ多め、メンマ多め) 800円
H調査員のオーダー

チャーハン定食(屋台の味、レギュラー麺、麺かため、ネギ多め、メンマ多め) 800円

チャーハン速い!
なかなかのスピードである。
いいね。
チャーハンはラーメン屋の付属ではなく、しっかりとパラパラに調理しており、辛さもちょうどよく美味しい
そして、「こってり」も到着。
相変わらずのドロドロでカルボナーラのスープ多めといったやつである。
天一の味です。
実は、天一はオーダーしてからかなり待たされる印象もあったのだが、その印象を一掃する速さである。
見直した。
スープは、魚粉だろうか、粉っぽさも感じる。気のせい?
麺はあんまりほぐれていないので、最初に麺だけを口に入れても、味が広がらない。
しっかりとドロドロスープに絡ませて食べる必要がある。
具は、青ネギとメンマがいっぱい入っている。
多めにした甲斐がある。
チャーシューは薄いが大きめのものが1枚入っている。
スープに絡んで旨い。
麺はいたって普通麺である。
これが「屋台の味」である。
スープの泥っぽさが醤油混じりでサラサラという感じ。
といってもドロドロとの対比であるので、それなりにこってりしている。
H調査員の感想である。
こってりラーメンが年齢的にきつい人には、屋台味がオススメです。
やはり、天下一品の「あっさり」には意味が無い。
しかし、「こってり」じゃなくても塩っ辛い気もする。
食べ続けると、チャーハンの味が薄く感じてくる。
最近は、各調査員が調査隊の使命をしっかり理解しだしたようで、文章になるように感想を語ってくれるようになった。
隊長はちょっと楽になってきて嬉しい限りである。
話が変わるが、天一といえば、どんぶりの底に「ありがとう」だったか、「また来てね」だったかが書いていたと思うがなくなってるのだ。
久しぶりにあの文章を読みたかったので、しっかり飲み干したのに残念無念。
健康志向のためスープ飲まないという方針にそったのか?
車雑誌を含めて、雑誌コーナーはなかなか充実しているので、特記します。

天下一品 三田店(三田市)

調査NO.097
評価 ★★★★☆
調査地 三田市川除144-15(国道176号「川除西」交差点から北西すぐ)
駐車場 21台
営業時間 11:00~00:00
定休日 年中無休
調査日 2019.4.17(水)昼 隊長、H調査員

天下一品 三田店(公式HP)

三田店の店舗情報  天下一品(公式HP)


Translate »
タイトルとURLをコピーしました