がふうあん (伊丹市)

伊丹市

ごく塩ラーメン 750円+替玉150円


並んでます。人気店のようです。

今日のターゲットは珍しく並んでまで調査した「小麦香る国産小麦の自家製麺」中華そば 「がふうあん」である。

見る限りは小さい店です。実際、目立たない店構えです。並んでいるので気づいた。

待っていても回転はそれなりに回っている感じがする。

並んでいるときに食券を買うので、効率化されているようです。

店の前のベンチは寒い、座る気がしない。

でも、とにかく寒い。。。ラーメン食べるためとはいえこの修業はつらい

でも、外にいるとほのかな出汁の香り、魚系だろうか?確かに本日の限定は「サンマ出汁の醤油ラーメン」だった。

食事後に出てくる客は、老若男女の幅が広い。おばさんも若いお姉さんも並んでる。なかなか幅広い守備範囲を誇っているようである。


「代表待ちお断り」

当然でしょう。人生楽してはいけません。


「路駐禁止」 「喫煙禁止」

あたりまえです。困ったものです。


「食券機」です。

麺固めお断りである。

隊長は、今回も左上のメニューをチョイス。

「ごく塩ラーメン 750円」である。

 

スタッフは黒づくめの服である。といっても、夜系の黒じゃなくて、豚骨系の黒である。オヤジが2人で廻している。

店内も黒づくめのデザイン。店内は本当に狭い。カウンターのみ7席である。鰻の寝床と言っていい。

また、椅子は、美術室にあるような四角い木の椅子でお洒落さが出ている。

カウンターも木製で、さらにランチマット(?)も木製である。

オシャレである。音楽も優しいジャズがしっとり流れている。ラーメン屋っぽくない感じである。

 

水はセルフサービスである。塩ラーメン店でよく見るアルミコップである。

なお、水は、「純水」だそうだ。

個人的には、「純水」ってミネラルも入ってない前提だから、まずいんじゃないのかな?

なんとも感じなかったところが、隊長の水へのこだわりのなさである。


追加メニューは現金でもオーダー可能である。

当然、替え玉も追加オーダー可能である。


「ごく塩ラーメン 750円」

具にはこだわりを感じる。

チャーシューは、厚目であっさり気味と感じつつ脂がのっている。

そして、一番うまいと感じた鶏チャーシュー(?)である。一見、卵焼きかと思ったが、肉だった。鶏のようだが超柔らかくて、あっさりした味わい。うまい!

そして、味がしみてるメンマ青ネギとなるとである。

麺は、細麺ストレートしっかり系

スープは熱い。塩はいつもこんな感じがする。

背脂らしきものが浮いている。ダシはカツオだろうか。うまい。


残念ながら、どんぶりは「おちょこ系」である。

見た目はおしゃれなのだが、量が少ない感じなんだよね。

気のせいなのかなあ?

そして、罠のような気がするが、替え玉を追加オーダーした。

150円はちょい高やなぁ。ちょっと躊躇してしまう。


替玉はそこそこ多いと感じた。元の麺と同じ量だろうか。

がふうあん (伊丹市)

調査NO.086
評価 ★★★☆☆
調査地  伊丹市西台2丁目1−11(阪急伊丹駅北西150mほど)
駐車場 なし
営業時間 12:00~14:00、18:00~22:00(麺切れ、スープ切れの場合は終了)
定休日 第1,3火曜日、毎週水曜日
調査日 2019.3.14(木)昼 隊長

がふうあん(公式twitter)


Translate »
タイトルとURLをコピーしました