中華料理てんぐラーメン (加西市)

加西市

うすくちラーメン 580円、こいくちラーメン 620円


なかなかマニアックな名前のラーメン屋である。

店名は、ラーメン屋であるが、ラーメン屋というよりは、中華料理屋というか中華系の定食屋といった感じである。

三角地に立地しており、駐車場しやすい立地。15台以上の駐車が可能である。

大型車も駐車可能であり、トラッカーにも優しいお店である。


店舗入口には、これでもかと言うほどに、営業案内が3枚貼ってある。

間違える人が多いのか?優しい心遣い。

中に入ると、まさに中華料理の定食屋であった。

変わったところと言えば、アニメのフィギュアが数多く飾ってある。

力石までいたのには驚いた。しかも、ちょっと色黒の力石のノーガード戦法のフィギュアである。マニアックである。

演歌歌手のCDの宣伝もしている。これは食堂系ではたまに見ることかな。

テーブルは中華らしい丸テーブルを含めて3つと、座敷テーブルが3つ

カウンター席はない。


ラーメンは、「うすくち」「こいくち」「味噌」「豚骨」「ちゃんぽん」と品揃えは豊富。

隊長は当然ながら、最上位に記載している「うすくちラーメン」をチョイス。

Y調査員は、「こいくちラーメン」をオーダーした。


「うすくちラーメン」

出てくるのはなかなかスピーディーである。

具は、しっかりしたチャーシューが2枚。まさに焼き豚という感じで旨い。

他にモヤシ青ネギが少々載っている。

麺は、ちょい太めの縮れ麺。ほぐれてないのはご愛嬌。

「うすくち」とはいえ、結構しっかりした醤油味である。

これで「うすくち」なのか?

なかなか醤油が濃ゆくて美味いのだ。

正直、あまり期待していなかったが、なかなか旨い。


「こいうくちラーメン」

見た目では「うすくちラーメン」との違いが分からない。

違うのはレンゲの色だけである。

「こいくちラーメン」のレンゲは濃ゆい赤色である。


比べてみても、レンゲの色しか違いが分からない・・・

 

とおもいきや、「うすくち」「こいくち」スープが明らかに違うのだ。

「こいくち」のスープは何なのだ?

確かに醤油は入っているのだが、醤油がベースということは分かるが、なんのダシが入っているのだろうか?

色は明らかに醤油なのだが・・・・

明らかにダシが違う、いわゆる醤油とは言えないような感じである。

ダシを突き止めるために飲み干すほど呑んだのだが、よく分からなかった。

飲んだことがあるダシであることは確かなのだが、気になる・・・答えが分からん。

なお、昼飯を食べに次々と来る客は、「こいくちラーメン」のオーダーが明らかに多かった。

知る人ぞ知るラーメンなのか?

ちなみに、ファミリーも先客でいるほど、入りやすいお店である。

中華料理てんぐラーメン (加西市)

調査NO.084
評価 ★★★★☆
調査地  加西市野田町590(国道372号「法華口」交差点から北へ1.5km)
駐車場 15台以上
営業時間 11:30~21:30
定休日 水曜日
調査日 2019.3.11(月)昼 隊長、Y調査員

公式HPなし


Translate »
タイトルとURLをコピーしました