博多ラーメン片岡屋 稲美店(稲美町)

東播磨地区

ランチセット(ラーメン+ごはん小)(麺の硬さ「ふつう」) 780円


「博多ラーメン片岡屋 稲美店」は、去年あたりにオープンした新店とのこと。

超目立つ外観である。

駐車場は、店敷地と道路向かいを合わせて20台弱。

軽自動車専用があるとはいえ結構多い。

 

また、稲美町は日本第一位の通行の難所である(本調査隊の調査による)。

道が狭いとかではなく、迷子になるのだ。

この街には軸とすべき道がない

当然、国道はない。これといった県道もない。

道は東西南北に走っていない。すべての道が微妙に斜めに走っている。

軸とする道がないばかりか、目印もない。

これといったランドマークは皆無。

そこらにあるのは、ため池だけ。

ため池はどこから見ても同じようなものだから、大変な町なのである。

そのため、町外の者にとっては、非常に困難である。

町民は、最適ルートを常に選んで走っている気がする。

ということで、この店に行き着くためには非常に難しいので、心して予習が必要である。

 

そんなことより、この「博多ラーメン片岡屋 稲美店」は、新しいだけに確かにきれいなお店です。明るい店内。

厨房が真ん中にドーンと位置して、厨房の左右にテーブル席が2つづつ。

厨房正面にカウンター席が10席

外観と比べると席数が少ない感覚ではある。

行列用丸イスも大量に設置されている。

晩はこんなに並ぶのだろうか?


ラーメンのレパートリーは、博多ラーメン一本である。

替玉が130円は微妙な値段。

ラーメンは、標準で680円、これに「ごはん小」160円が付いて、ランチセットが780円である。

そこまでお得感を感じないのは気のせいか?

博多ラーメンは、標準で量が少ない傾向があるので、替玉狙いでもいいのだが、替玉が130円するので、ランチセットの100円アップを選択した。

今日は、調査隊員全員が同じ判断となった。

麺の硬さは、「粉おとし」「はりがね」「かた」「ふつう」「やわ」の5段階から選択可能。

今日はとりあえず、「ふつう」をチョイス。


ランチセット(ラーメン+ごはん小)(麺の硬さ「ふつう」)到着

スープは若干泡立ちぎみ

熱い。

今までで一番熱いスープではないだろうか。

博多っぽいスープの特徴といえる塩っ辛さがある。

具は、青ネギチャーシューが2枚載っている。

チャーシューは薄目であるが、結構脂が載っている。

麺は、博多らしく細麺のストレート

麺の硬さ「ふつう」を頼んだが、博多ラーメンにしては柔らかめに感じた。

しかし、博多らしく(?)量は少な目に感じる。

ちなみに昼のセットもそれほどのお得感を感じなかったなあ…


なお、机上のからし高菜は、超辛い。

色がすでに赤味がかかっている。

ご飯と食べて正解。ラーメンに突っ込むとスープはすぐに赤みがかかる。

博多ラーメン片岡屋 稲美店(稲美町)

調査NO.080
評価 ★★★☆☆
調査地  加古郡稲美町国岡5丁目187(県道84号宗佐土山線「国岡北」交差点南すぐ)
駐車場 20台ぐらい
営業時間 11:00〜20:45
定休日 無休
調査日 2019.3.1(金)昼 隊長、O調査員、O調査員

公式HPなし


Translate »
タイトルとURLをコピーしました