鉄板焼き かわ田(香美町)

但馬地区

かわ田ラーメン 800円(ライスサービス)


山陰近畿自動車道香住ICからすぐの最近の香住で最も栄えているゾーンである「由良口」交差点の南東角に「鉄板焼き かわ田」がある。

もっとも栄えていると言っても観光ゾーンではなく、地元ゾーンであるのでスーパーマーケットやローソン、餃子の王将などが立ち並ぶ区域である。

なお、ここのローソンは、交差点の南東と北西に2軒営業しているというすさまじい激戦区(?)である。都心ならまだしもこの但馬で、しかも市でもなく町の交差点である。世界でもトップを争う同ブランド近距離店舗(人口比)であろう


入口には「平日限定ランチ」の看板があるが、値段が書いていないのは手の内を見せない作戦か?店内で聞くと1,000円とのこと。

「鉄板焼き」を標榜しているため、昼は少し入りにくい雰囲気を感じるが、看板にでかでかとラーメンを謳っているので堂々と入店する。

店内はそこそこ客が多い。高校生まで入っていたので、入りにくいとか高いとかはないのだろう。

店内に入ると、おしゃれ系の鉄板焼き屋である。客席は、座敷が5テーブルカウンターが6席。カウンターの前が鉄板であるが、定食の肉だろうか、ガンガン焼いていてうまそうな匂いが漂ってくる。


座敷は板間である。テーブルは焼きながら食べられるように大きな鉄板が鎮座する。ラーメンを食いに来た我々には少しじゃまである。

そして、座席は掘りごたつ式ではなかった・・・残念。腰痛持ちは注意が必要である。


メニューはいろいろあるのだが、ラーメン系は「かわ田ラーメン」「サンラー担麺」である。

「かわ田ラーメン」「人気NO.1」を謳っており「自家製チャーシューの入った醤油ベース」とのこと。鉄板焼き屋で「人気NO.1」とはなかなかすごいことだと思うのだが、堂々と書くのもさらにすごい!

「気になる味」と標榜する「サンラー担麺」「程よい辛さがやみつきになるかわ田特製ラーメン」とのこと。

名前も含めて「サンラー担麺」の方が気になるが、隊長は基本に忠実である。「人気NO.1」の「かわ田ラーメン」をチョイスした。

K調査員は、コスパ重視の男前であることは常識であるが、「平日限定ランチ」が1,000円であることを確認して、他のメニューを検討。最もコスパが良さそうな800円定食のうち「鶏塩ダレ定食」をチョイスした。


「かわ田ラーメン」到着。昼に限ってライス無料サービスとのこと。ご飯は茶碗一杯と言ったところ。参考ながら、メニューではライスは200円となっている。

具は、薫製たまごが1個分噂の自家製チャーシューが3枚も入っている。脂が載っててうまい。他にネギモヤシが少々載っている。

麺は、なかなかのしっかり目。表現はともかく焼きそば麺のような歯ごたえといえば分かろうか。

スープの色はとても薄い透明感があるが、いわゆる中華そばではない。しかし、あっさりした醤油系であろう。醤油が主張しないので、醤油味とは言い切ることができない。うま味だしが効いた甘さがありなかなか特徴的な味だと思う。スープには焼きニンニク(だろうか?)散りばめられている。ニンニクがきついかと言えば全然きつくない。この日は寒かったので、感覚が鈍っていたのだろうか?

ところで、テーブルの鉄板のおかげて、お盆がしかりテーブルに乗らんのだ。でも、気になったのは最初だけだった。


これが、K調査員チョイスの「鶏塩ダレ定食」である。こっちの方がお得感があるなあ。同じ値段だもんなあ・・・

鉄板焼き かわ田(香美町)

調査NO.065
評価 ★★☆☆☆
調査地 美方郡香美町香住区香住902−2 (山陰近畿自動車道香住IC東側「由良口」交差点南東角)
駐車場 店の周りに数台
営業時間 11:30~14:00、17:30~22:00
定休日 火曜日
調査日 2019.1.25(金)昼 隊長、K調査員

公式Facebook


Translate »
タイトルとURLをコピーしました