らんめん(小野市)

北播磨地区

大盛ラーメン 770円

小野市民が誇りを持つラーメン屋である。

いや、ラーメン屋ではない。「らんめん」である。小野市民にとって「らんめん」別格である。子供のころから親しんだからだろうが、愛すること尋常ではない。小野市民に「らんめん」の悪口は言わないほうがいい。

近年、小野には塩元帥などが進出しており、ラーメン屋が増えつつあるのだが、やはり「らんめん」の牙城を崩すまでにはまったく至っていないのである。


駐車場は、20台あるのだが、昼時はいっぱいである。昼は早めに行くことをお勧めする。

店に入るといきなり並んでる。客が多い。


待合で注文の検討が可能である。店内と異なる色気のないメニューである。入口は寒い。早く入りたい。

結局、店内に案内されるときは、10人の待ち行列であった。小野でここまで並ぶのはすごいと思う。

店内に案内される。ラーメン仙人Yと二人なので、カウンターに案内される。店内は結構広い。テーブル席が7つに、座敷テーブルが2つ。加えてカウンターが10席という充実のキャパシティー。商売繁盛である。

カウンターは少々変わっていて、通路に向かって設置されている。微妙に店の幅が狭いので、向かい合わせのカウンターを構成できないようである。微妙である。

昼と夕方はタイムサービスメニューがある。周りを見ているとぎょうざセットを頼んでいる人が多いように見えた。

「まんぷくラーメン(2玉)」「大盛ラーメン(1.5玉)」「特大ラーメン(2玉)」が気になる・・・しかし、「まんぷくラーメン(2玉)」と「特大ラーメン(2玉)」の違いはなんなのだろうか?

そして、下の方に、注意書きが・・・「トッピングをされますと、スープの温度が下がります。」とのこと。

うーん、改善できると思うのだが・・・

トッピングは充実しているのだが・・・・

私は、ここんところラーメンが続いているので、ノーマルラーメンで挑もうと思ったが、ラーメン仙人Yは、「えっ?ラーメンでいいの?私は、『大盛ラーメン』に『ゆで玉子』をトッピングするよ」と言われたので、隊長としては負けていられない。

「大盛ラーメン」を注文した。

注文を待っていると、カウンターの向かいに驚きの案内が!

「10日は500円以上お食事、お買い上げのお客様には当店の300円券をプレゼント!!」

すばらしい!!しかし、案内文が小さいので気づいている人は少ないのではないだろうか?実は内緒かな?


「大盛ラーメン」が到着。

結構、どんぶりが大きい。ノーマルラーメンより大きいようである。

具には、乾き系チャーシューが2枚入っている。あっさり系だね。細いもやしは生かな?かなりシャキシャキしている。そして、青ネギが結構多めに乗っかっている。しかし具が冷えているんだよね。モヤシはなんだか冷たい感じがする。これだなスープが冷えるとやらは。

そして、麺は、細麺ストレートに近い感じの麺であるが、くたっとした感じというか、悪い表現だが、ベビースターというか、独特の麺なのである。そして、柔らか目である。

スープは、見た目では脂が乗ってる感じの濃い醤油である。脂感はあまりないのだが。いわゆる中華そばよりも断然醤油が濃ゆい。いわゆる播州ラーメンとは違うと思うのだが・・・でも、このいめの醤油にくたっとした麺がスープに絡み独特の味わいである。これがうまいのだ。大盛にして正解。この独特のバランスがこの人気を支えているのであろう。

実際、隊長は10年ほど前に来て、それほどうまくないと感じたのだが、今回は美味いと本気で思った。これは年齢がなせる業か?とにかく、味わってみてほしい。おすすめである。

レジでは、飴玉1個のプレゼント。心憎いねえ。

らんめん(小野市)

調査NO.060
評価 ★★★★☆
調査地 小野市黒川町1802(国道175号「浄谷町南」交差点を西に1kmほど)
駐車場 20台
営業時間 火~土11:00~21:00、日・祝11:00~20:30
定休日 月曜日
調査日 2019.1.16(水)昼 ラーメン仙人Y、隊長

らんめん(公式HP) ※2019.11公開しなくなったようです。。。


Translate »
タイトルとURLをコピーしました