宮っ子ラーメン 伊丹店(伊丹市)

伊丹市

宮っ子ラーメン 650円

郊外型の店舗である「宮っ子ラーメン」の赤い看板が遠くからもよく見える。駐車場も敷地内にあり、広い。

宮っ子ラーメンは、1993年創業なので、現在創業25年ほどという比較的新しい老舗(?)ラーメン屋である。
公式ホームページにもメニューにも書いているが、
「創業の味そのままに 自慢の豚骨スープと小豆島醤油の秘伝たれ、自家製チャーシューを気前良く、新鮮なたまねぎを大盛りで西宮っ子に愛された味をじっくりご賞味下さい。」
とのことである。

店に入るとカウンターに20席、4人掛けのテーブル席が3席ある。カウンターを囲むように作業場&配膳スペースがあり、厨房はさらにその奥にあり広い。
さらに、待合席が10席以上ある。大人気店のようである。


「白菜ラーメン」なるものが気になるが、このラーメン店の基本メニューであろう「元祖」と名のつく「宮っ子ラーメン」をチョイス。


伊丹店限定でセットメニューも多数ある。210円アップでチャーハンも付いてくる。いわゆるミニチャーハンって感じに見えたけどね。

 

「西宮甲東園特製醤油豚骨ラーメン」とのこと。

甲東園特製と言われても、正直ピンとこない。

そして、「豚骨しょうゆ」はたまに聞くが、「醤油とんこつ」と逆になっているパターンは珍しい気がする。醤油がメインということか?


「減肥茶」なるものがセルフサービスで飲み放題である。まあ、濃い目の麦茶といった感じ。私は水でいいのだが、あんまりみんな飲んでないようである。


ラーメンがやってきた。
スープは、やはりとんこつというよりも醤油が強い感じ。予習してなかったので一口目は醤油ラーメンかと思った。それなりにとんこつ味なのだが、いわゆる豚骨こってり感は薄い
麺は、細麺ストーレートでしっかり系である。個人的にはもう少しやわらかいほうがいい。というのは、隊長とM調査員は同意見であった。
チャーシューはかなり薄いものが3枚入っているのだが、実はこの薄さがポイントだと思われる。くしゃくしゃのチャーシューをスープに漬けたあとに、すくい上げるとスープがしっかり絡んでハーモニーが完璧である、うまい!
しかし、チャーシューを「気前良く」とのポリシーのようだが、正直「気前良く」入っていたとは感じない。値段はさておき、本当にうまいと思ったのでもっと気前良く入れてくれたら嬉しいい。

実際に気前良く入っていると思うのは青ねぎである。毎朝、切った新鮮なねぎがふんだんに入れているとのこと。
ねぎについては、注文時に、「ねぎは入れていいですか?」と聞かれたのだが、隊長は、「子どもと間違えられたか?」と思った。
しかし、ほかのお客さんの注文時にも聞いているようである。
そんなことを、いい大人に聞くほどのことだろうか?要らないやつは、自分で言えばいいと思う。

客もひっきりなしに入ってきており、人気店であることが良くわかる。そして、うまい。この値段と味なら人気が分かる。

7/17から当面の間、定休日が変わっています。注意しましょう。

宮っ子ラーメン 伊丹店(伊丹市)

調査NO.026
評価 ★★★★☆
調査地 伊丹市荻野8-52(中国道に並走する国道176号「鶴田団地前」信号を西100mほど)
駐車場 店舗敷地内に10台以上
営業時間 11:00~深夜1:00(日曜日24時迄 )月曜定休
調査日 2018.10.19(木)昼 隊長、M調査員

公式HP


Translate »
タイトルとURLをコピーしました